マッチング比較サイト【INTEインテ】
2016.08.30
デイサービス開業

デイサービス開業の手続き

デイサービスとは「通所介護施設」で食事、入浴、機能訓練など日常生活の様々なケアを行う施設をいいます。
デイサービスの開業には要件が多々ありますのでここでは最低限の部分を紹介します。

  • 法人設立
  • 施設の建物の要件
  • 人員
  • 申請書類

法人設立

個人事業での開業はできませんのでまずは法人格の設立をしましょう。
株式会社、NPO法人、合同会社、社会福祉法人と法人も様々ありますが一番簡単に設立できるのは株式会社です。
現在では昔ほど要件が厳しくないので株式会社設立をお勧め致します。

施設の建物の要件

建築基準法や耐震基準をしっかりと満たした建物でなければいけません。
賃貸契約を結ぶ前にここの部分は建築会社に相談するといいでしょう。
業者が決まっていないのであれば市区町村の役所を行って確認をとるのもいいでしょう。
また、利用者の数で確保しなければならない床面積もありますので業者と打ち合わせの上、レイアウトを行いましょう。

人員

看護職員、介護職員、生活相談員、管理者と必要な人員も色々ありますが、利用者などの数で何人配置するかが変わります。
なのでまずは施設の規模を決めて合わせて人員確保を行いましょう。

申請書類

細かくいうと約30資料くらいあります。
必要申請書類は市区町村の役所に確認をとると無駄なく進められるでしょう。

介護業界の市場規模は21兆円の巨大マーケットです。
それだけ開業者も多い業界なので規制もかなり厳しくなってきているのが現状です。
違法にならないようしっかりした知識を身につけ開業予定地の市区町村に足を運び入念に確認をしておくといいでしょう。